脱毛サロンのグレーゾーンとは    



脱毛は大きく2つに分けて、脱毛サロンとクリニックがあります。
どちらも脱毛に使う機器は、性能などほぼ同等のものとなりますが、大きく違うのがクリニックは医療認可がおりているため、レーザーが高出力であるという点です。
高出力=脱毛の効果も高いとされていますが、この出力レベルは、安全面などを考慮して国で定められています。


しかし、脱毛サロンでも、許可なくクリニックと同等の出力で脱毛処理を行う所が存在します。
これにより、ひどい火傷などのトラブルが起こる場合があるのです。


このような脱毛サロンのグレーゾーンは、なかなか改善が難しいところです。
トラブルに巻き込まれないためには、正しい目をもってお店選びする事も大切です。


 

グレーゾーンの脱毛とは    



脱毛サロンで行う脱毛は、グレーゾーンだという人もいます。確かに、レーザー脱毛や電気脱毛は医療行為にあたるため、これを医師のいないところで行うことは違法と言えます。

しかし、減毛、除毛を目的とした光脱毛は脱毛サロンで行うことが認められています。そして、現在まで多くの人が施術を受け、脱毛の効果を実感しているのです。威力が弱いことは、施術の回数を増やすことでカバーしています。そのため、レーザー脱毛に比べて若干時間はかかりますが、効果は確実に現れます。痛みはむしろ光脱毛の方が少ないと言われています。

脱毛サロンでの脱毛は、安心して受けることができます。ただし、サロン選びはいろいろな情報を元にして選ぶことが大切です。

脱毛サロンはグレーゾーンなのか    



脱毛サロンではフラッシュ脱毛やニードル脱毛を受けることが出来ます。しかし、脱毛は医療行為とされているため、本来であれば脱毛サロンでは行ってはいけないものになります。

現状は美容目的でスキンケアをするための減毛であり、脱毛ではないという解釈によって脱毛を行っていますが、これはグレーゾーンの行為になります。
前述のように脱毛は医療行為となるため、トラブルを避けるために施術内容について除毛や減毛という表現を使用することもあります。

また、医師免許がなければ使用できない出力の高い脱毛装置を利用するのは完全に違法となってしまうため利用しておらず、効果が弱くなっています。

 
グレーゾーンについて    


エステのエタラビでの脱毛がいいといわれたりだめだといわれる理由として、グレーゾーンがあげられます。毛根を焼く、という行為をエステティシャンが行う場合、厳密には違法行為になるのです。

肌トラブルを起こしてしまった場合、エステでは医者がいないため、治療という対処法ができないので大変なことになります。

そのため脱毛サロンの脱毛機は出力をとても低く設定し、脱毛回数を多させることで脱毛効果を高く見せています。このようなやり方によりエステは、万が一でもお客様が肌トラブルを起こさないように、ある意味、慎重に施術を行っているともいえるのです。